生涯、歯を削らないという選択。

2000年に開業した近代予防歯科センターは、歯を削る道具を設置しておりません。
予防歯科に関わる各種検査やPMTC、ホワイトニング等の歯を一切削らない歯科医院です。
矯正歯科専門医による予防歯科に基づく矯正診療も行っております。
当センターの中心は歯科衛生士です。

ようこそ、21世紀の歯科医院へ。


予防歯科

ムシ歯という病気の理解

ムシ歯を歯が黒くなったり穴が開いて、しみたり痛くなったりする病気だと考えている人は少なくありません。
しかしムシ歯は正式には「う蝕(Dental Caries)」と言い、う蝕の定義は「脱灰と再石灰化の揺れ動く流動的なプロセス」と定義されます。
皆さんがムシ歯だと思っているものは、ムシ歯によって出来た穴(う窩)なのです。
ちなみに痛みが出た状態は、もはやムシ歯ですらなく「歯髄炎」と言う別の致命的な病気です。

当然、「
う窩」と「う蝕」は治し方が違います。
う蝕(ムシ歯)という病気は、「脱灰(歯が溶かされる働き)」と「再石灰化(歯をも守ろうとする働き)」のバランスが崩れた時に、う窩(穴)にまで至るのです。
つまり、う蝕(ムシ歯)を治すには、穴があく前段階での「脱灰」と「再石灰化」のバランスを検査し、そこに手を入れる事なのです。

ムシ歯の検査

ムシ歯という病気が正しく理解できれば、ムシ歯の検査とはレントゲンを撮ったり歯を叩いたり、症状を調べる事ではない事がお解りでしょう。ムシ歯(う蝕)という病気の検査をするには、「脱灰」と「再石灰化」を検査する事なのです。
近代予防歯科センターでは、唾液検査(サリバテスト)、う蝕活動性試験、食事記録、プラークの状態などから、科学的にう蝕の検査を行い、ひとりひとりにあった間隔での予防処置プログラムを立案し、実行していきます。

個人リスクプログラム

科学的で詳細な検査に基づき、カリエスリスク診断(ムシ歯のかかりやすさ)を行い、予防プログラムを立案後、ひとりひとりに健康手帳を制作しお渡し致します。
健康手帳には口腔内や顎の成長を確認できる写真、ムシ歯リスク検査の結果、ホームケアの指導要綱、オフスケアの内容と処置の間隔について詳細に記載致します。

たとえ兄弟でもカリエスリスク(ムシ歯の危険度)は同じではありません。
カリエスリスクが高い(ムシ歯になりやすい)と判断されれば、リスクを減らす処置が必要になります。
そして永久歯歯列が完成し、成人するまで一本のムシ歯も作らず、治療もないカリエスフリーの口腔内をめざします。

めざせ!カリエスフリー


近代予防歯科センターで5歳から11年間に渡ってケアをしてきた16歳の子です。乳歯の間は神経にまで達するムシ歯の治療もありました。
その後カリエスリスクに基づく予防プログラムにて、ムシ歯も治療済みの歯もないカリエスフリーの永久歯列の完成を達成しました。
決して特別な症例ではありません。ムシ歯が出来てから削って詰める、という考えや意識を変えただけなのです。

歯周病という病気の理解

歯周病もムシ歯と同じく口腔常在菌による感染症です。歯と歯茎の境目の歯肉溝という溝に付着したプラークは、やがてバイオフィルムという強固に付着した状態になり、歯周ポケットを形成、歯周ポケットから歯の周りの組織(歯周組織)を破壊していく病気です。
歯周病を治す唯一の方法は「プラークコントロール」です。プラークコントロールとは決して毎日の歯磨きと同義ではありません。
プラークを歯周病やムシ歯の出来にくい状態にいつもコントロールしておく事です。
その意味では、専門家によるプロフェッショナルプラークコントロール(PMTC)や、薬物を使用するケミカルプラークコントロール(3DSなど)、また、プラークの繁殖しにくい生活習慣への改善等も、プラークコントロールと言えます。
私たちは歯周病を治す目的でのプラークコントロールの方法をご提供致します。

歯周病の検査

近代予防歯科センターでは歯周病原菌の検出、歯周ポケットの深さの測定と出血の有無をはじめとして、様々な角度から詳細に歯周病を検査致します。
また長期にわたるケアが必要なので規格写真による口腔内写真も14枚撮影し、全て保存しています。
歯周病がよくなっているとは、昨日や一昨日と比べてではなく、5年前10年前と比べてよくなっていなければならないからです。
歯周病の検査には通常1時間から1時間半ほどの時間がかかります。

 

個人リスクプログラム

詳細な歯周病検査の後、健康手帳を作成し皆さまにお渡ししています。
歯周病の治療とはひとりひとり詳細は異なり、決して一律歯石を取ってブラッシング指導して、という事ではないのです。
生涯にわたり大切な歯を守っていく為に、健康手帳が皆さん自身の自己診断とセルフケアに繋がればと考えています。

 

めざせ!8028


上記は全て違う方ですが、鈴木歯科医院・近代予防歯科センターが協力して、歯周病を中心に長期にわたってケアをされている方々です。
一本の歯も失わず、歯周病もコントロールされた状態を維持し続けています。

    Aesthetic dentistry
審美歯科







under construction...

 

About

■院長
 鈴木貫人(すずきかんと)1969年生まれ
 日本歯科大学新潟歯学部卒業

■矯正歯科医
 高橋啓太郎(たかはしけいたろう)1970年生まれ
 日本歯科大学新潟歯学部卒業

■センター長(主任歯科衛生士)
 鈴木美香(すずきみか)1973年生まれ 
 松本歯科大学衛生学院卒業


■診療時間
 午前9:00~12:00 午後14:30~19:00

■診療科名
 予防歯科審美歯科・矯正歯科

■休診 (休診日カレンダーへ
 木曜・日曜・祝祭日

 祝祭日がある週の木曜日は診療いたします

 月一回矯正診療日(日曜日)の翌日月曜日は休診日となります

■電話
 0266-28-7060

■詳細地図はこちら